社員のキャリアアップで60万円の助成金

  • 2016年2月3日 水曜日
HPsozai

こんにちは。社労士の志戸岡です。

今日は志戸岡には珍しい助成金の話題です。
先日、久しぶりにクライアントで助成金の支給決定が為されました。

「キャリアアップ助成金」という助成金です。今日はそのご紹介です。
こちらの助成金ですが、有期雇用のアルバイトやパート、契約社員を
正社員に登用し、その人がきちんと定着したら助成金がもらえるという
ものです。
※今回は60万の受給決定でした。
※申請年度や対象者の区分により受給金額が変わります。
さて、せっかくなのでポイントを紹介しておきます。

キャリアアップ助成金のポイント

1、就業規則の整備・届出が必要

→正社員の登用制度を整備し、実際に規定通りに実行する必要があります。

 

2、事前に人材育成の計画届を作成し届出が必要

→これは知っていれば、内容は特に難しくはないです。

 

3、契約書の整備、契約管理は必須

→このあたりはかなり厳格に審査されます。

 

4、そもそも正社員として雇う予定の人はダメ!

あくまでも非正規社員のキャリアアップが狙いです。
よって、最初から正社員求人で募集し、採用する人は対象外。

最近、人不足感もハンパないので、意外とこの要件がネックに
なっていたりします。会社側も正社員で募集する方がいい人材が
来るという考えがあるとこの助成金は使えません。

 

5、最低6ヶ月は有期契約(契約社員)の必要あり

→2ヶ月や3ヶ月ですぐに正社員ではNGです。

 

6、正社員になってもすぐ辞めるとダメ!

→これも、実際にありましたね。
正社員になってすぐもらえるわけではなく、最低6ヶ月は定着
しないともらえません。

こんなところです。

あと、コンプライアンスは当然。

・契約書の整備
・残業代の支払い
・保険の加入
といったことですね。
グレーゾーンは別です。

さて、この「キャリアアップ助成金」。
会社にとってはお金がもらえるのは確かにいいことですが、
一番考えるべきは、その名前のごとく社員のキャリアです。

・なぜ、非正規社員は嫌がられるのか?

・正社員と契約社員では何が違うのか?

・正社員になったらどんないいことがあるのか?

こういったことをきちんと考え、社員に示してあげることです。

わかりやすくいうと、、、

「やったぜー!!やっと正社員になれたー!」
と社員が思って家族にしゃべってくれればOK。

一方、

「何か正社員になれたっぽいわ。」夫
「へえー、良かったね。何が変わるの?」妻
「いや・・・、それがよくわかんないんだよね」夫
「・・・・」妻

こんな会話になるとNGですね。もったいない。

 

ちなみに、志戸岡は顧問先にしか助成金業務は提供しておりません。

ご了承ください。

 

お問合せ、労務相談の申込みはこちらから

下記フォームより情報を送信ください。24時間承っております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

ご希望の連絡先 (必須)
 メールに返信 電話に連絡 どちらでも可

メッセージ本文

ページトップへ戻る