なぜ顧問先にしか助成金業務をやっていないのか?

  • 2016年2月10日 水曜日
GUM11_PH03069

こんにちは。社労士の志戸岡です。

この人事屋のつぶやきも100号を超え、毎週お届けする中読者の方から感想を頂けるようになってきました。

そこで、ちょっと内容のアレンジとして、今後は
読者からの質問を「読者からの質問コーナー」として
紹介していきたいと思います!

さて、では早速今回やってみます。

前回のメルマガについて読者の方より以下の質問がありました。

なぜ顧問先にしか助成金業務をやっていないのですか?

良い質問ですね。

理由はいくつかありますが、最大の理由は、、、

順番が違うから
です。

助成金はコンプライアンスが必須です。

・時間管理もきちんとしなきゃいけないし
・就業規則もいるし
・契約書もいるし

などなど、法令遵守が前提です。

しかし、助成金をマーケティングとしてフロントに全面に出すと、
これらの労務管理が全く整備されていない会社が集まります。

助成金はもらえるかはやってみないとわかりませんので、
通常、成功報酬で受任することになります。

しかし、これらの労務管理の体制整備をしていない場合、
まず就業規則を作成するところから始まり、そもそも成功報酬だけで
受任するビジネスモデルが崩れて行きます。

すると、どうなるか?

報酬でのクレームやトラブルが発生します。

 

そして、もっと嫌なことが・・・。

私が心血を注いで作成している就業規則に対してこんなことを言われます。

「とりあえずさ、助成金もらえればいいから適当に就業規則作ってよ」

志戸岡が一番聞きたくない言葉ですね!
(就業規則を適当に作ると後で痛い目にあいますよ!)

だからこそ、ちゃんと労務管理を整備する

その後でもらえそうな助成金を検討する。
という順番で志戸岡は考えています。
(もちろん同時進行はありです)

 

他にも、スポットだと、
●でてくる書類の真偽のほどがわからない

という理由もあります。

我々社労士は専門家として、虚偽の申請をしては絶対にいけませんし、
そういったことを助長してもいけません。(当たり前です)

例えば、教育訓練に関わる助成金の申請書類について実際には
実施していないのに実施した書類を提出し、懲戒処分になるといった
事例が増えています。

我々はこれをきちんと見抜く必要があります。

自分の印鑑を押して提出するのはその責任があります。

でも・・・

正直、一見さんのお客様では故意か過失かは別にして
そこまでわからないケースもあります。
(その会社の管理レベルや実態など詳細はわからない)

そういった観点で、自分の印鑑を押す責任を果たせない。

だから、志戸岡は顧問先にしか助成金業務を提供していません。

 

ちなみに、助成金は

・社労士の懲戒処分

・社労士会への報酬についてのクレーム

が最も多い業務分野でもあります。

改めて襟を正して、倫理感を強くもって業務に精進いたします。

 

今日はここまでです。

お問合せ、労務相談の申込みはこちらから

下記フォームより情報を送信ください。24時間承っております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

ご希望の連絡先 (必須)
 メールに返信 電話に連絡 どちらでも可

メッセージ本文

ページトップへ戻る