派遣社員さんを直接雇用したら何かペナルティとかある?

  • 2016年2月1日 月曜日
desk

こんにちは。社労士の志戸岡です。

4月に10kmランの大会にエントリーしました。寒いけど週末走り出してます。

ケガしないように頑張ります。

さて、2016年02月号のニュースレターにて派遣社員さんの直接雇用に関する話題を書かせて頂きました。

 

派遣社員さんを直接雇用したら何かペナルティとかある?

「派遣社員さんを直接雇用したら何かペナルティとかある?」というご質問をクライアントから頂きました。

企業規模の大きさに関わらず、今や「派遣社員」は人材の充足手段としてたくさんの企業が利用しています。

 

その派遣社員さんがとっても仕事ができて人柄も良かった場合、うちで直接雇用したい!
と思うのは派遣先企業としては当然の考えです。

さて、この場合の派遣元との関係や取扱いはどうなるでしょうか?

 

1、まず注意することは派遣会社との契約内容と時期

 

派遣社員を派遣先会社が直接雇用する場合は、まずはそもそもの派遣契約が一般の労働者派遣契約なのか紹介予定派遣なのかで変わります。

紹介予定派遣の場合は当然、直接雇用すると派遣会社への紹介料が発生します。

紹介予定派遣ではなく、一般の労働者派遣であれば、派遣期間の終了後(正確には、派遣社員がその派遣会社を退職後)であれば法的な問題はありませんが、派遣契約期間の途中であれば違約金等(実質的な紹介料と同じですね)が発生します。

(詳細は派遣元との派遣契約書の内容による)

え?そうなの?

これって結構派遣元会社には苦しい条件ではないの?と感じた人もいるでしょう。

→派遣元会社にとっては、優秀な人材こそ安定して利益を生み出す要素です。

 

2、法律はどうなっているか?派遣法のそもそもの根拠

 

派遣元会社は、派遣先会社との間で、原則として派遣社員の雇用期間終了後に派遣先会社が派遣社員を直接雇用することを禁止する契約を結んではならないとされています。

つまり、雇用契約期間の終了後については制限がない契約でなければいけません。

 

これは労働者派遣法第33条に明確に規定されています。

派遣元会社にとっては厳しい制約ですが、これは憲法の職業選択の自由からくる、「会社を辞めた後どこで何の仕事をしようが自由!」という考えに基づきます。

 

「派遣会社とその派遣社員さんの雇用関係の終了」が一つの要点ですので、この退職処理がうやむや、グレーになり派遣会社との雇用契約が終了する前に直接契約をしてしまい派遣会社とトラブルになるケースも実際にあるようです。

このあたりは注意すべき点です。

また、法的な問題がなくても、気持ちとしてその派遣会社と気まずくなることは考えられます。

以上、派遣社員さんの直接雇用の注意点となります。

 

今日はここまでです。

 


◆◇◆ 編集後記 ◆◇◆

友人から勧められ、運動不足を解消すべくナイキのランニングアプリを入れてちょっとずつランニングしはじめました。

1)記録が残る

2)ちょっとでも走れば積み上げで加算されて累積の記録が伸びていく

これがちょっとした楽しみにつながりそうです。

それにしても・・・最近寒すぎますね。。。


 

お問合せ、労務相談の申込みはこちらから

下記フォームより情報を送信ください。24時間承っております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

ご希望の連絡先 (必須)
 メールに返信 電話に連絡 どちらでも可

メッセージ本文

ページトップへ戻る